マザーズバッグおすすめ6選を比較!用途・タイプ別に選び方を解説

「マザーズバッグって本当に必要なのかな?」

「どのマザーズバッグが使いやすいんだろう?」

「荷物がたくさん入って、普段使いもできるようなカバンがいいな」

そんな悩みはありませんか?

結論から伝えると、お子様のいる方にマザーズバッグは必需品です。

マザーズバッグは大容量かつ軽量に作られており、ポケットもたくさん付いているので小分けしやすく、子供とのお出かけ時に重宝します。

この記事では以下を解説しています。

  • マザーズバッグのメリット
  • マザーズバッグの選び方
  • タイプ別おすすめマザーズバッグ

この記事を読めば、あなたに最もあったマザーズバッグが選べるようになりますよ。

マザーズバッグは必要?普通のバッグとの違い

マザーズバッグって本当に必要?安物のカバンじゃダメなの?

そんな風に思う人も多いでしょう。

でもマザーバッグって普通のバッグより収納力が高くて軽量。子連れで出かける時に実用的なんです。

マザーズバッグのメリット

マザーズバッグのメリットは大きく以下の6つです。

機能性が高い|物がたくさん入れられる

一番のメリットは機能性が高く、物をたくさん入れられること。

お子さんが産まれる前の準備段階だと、「そんなに物を持ち運ぶことってある?」と思うかもしれません。

でも子連れで出かける時って持っておかないといけない物がたくさんあるんです。

  • オムツ
  • ミルク
  • 離乳食
  • 母子手帳
  • 泣いた時用のおもちゃ

などなど最低限でもこれだけ必要です。

赤ちゃんは吐き戻すことも多いので、着替えも必要になるかもしれません。

マザーズバッグなら大容量なので、これらを全て綺麗に収納できます。

またママが疲れないように軽量化されているので、持ち運びしやすいんです。

リュック型なら両手が使える

2つ目のメリットは、リュック型やショルダー方のマザーズバックなら両手が空くことです。

子供と手を繋ぎながら歩けるし、公園やアスレチックにある遊具もカバンを背負ったまま遊べます。

形がしっかりしているので、床に置いて一人立ちできるのもポイントです。

手提げ型なら物をすぐに取り出せる

3つ目のメリットは、手提げ方のカバンなら、入れている物をすぐに取り出せることです。

カバンから物を取る時、なかなか見つからないことってありませんか?入れた筈だけど見つからない。

これはバッグの口部分の開く幅が狭く、底までが見えないから起こります。

マザーズバッグの手提げ型なら口部分が大きく開くように設計されているので、中身が一目瞭然。取りたいものがすぐに取り出せます。

またリュック型と手提げ型どっちの使い方もできるバッグも多いです。

ポケットがたくさんあるので小分けできる

4つ目のメリットは、ポケットがたくさん付いていることです。

「ここのポケットはオムツ」「ここのポケットはミルク関係」など小分けして物を入れておけるので整頓できるし、使いたい時にすぐ使えます。

カバンの外やサイドにポケットが付いているのも多く、中を開けずにすぐに取り出せるのもメリットです。

オシャレなデザインが多い

5つ目のメリットはオシャレなデザインが多く、ファッションと合わせやすいことです。

一般的なカバンの場合、大容量で機能的なものはデザインがダサくなってしまいます。

使い勝手重視のものや、男性も使うものだったりするので、デザイン面の拘りが少ないからです。

マザーズバッグは毎年色んな会社が出しておりトレンドをしっかり追って作っています。

シンプルなデザインのカバンから、高級ブランドのカバン、男女兼用のカバンなどたくさんあるので、自分の好みに合ったカバンが必ず見つかります。

丈夫で壊れにくい

6つ目のメリットは、丈夫で壊れにくいことです。

マザーズバッグは頑丈に作られているので、荷物を下ろす時、少々乱暴に下ろしても壊れません。

型崩れすることも少ないので、買った当時のまま何年も使用できるのもメリットです。

マザーズバッグの選び方

では初めてマザーズバッグを買う人に向けて、選び方をご紹介します。

形状から選ぶ

マザーズバッグには大きく分けて以下の5種類があります。

  • トートバッグタイプ
  • ショルダーバッグタイプ
  • リュックサックタイプ
  • 2WAYタイプ
  • 3WAYタイプ以上

気に入った形から選びましょう。

トートバッグタイプ

トートバッグは手提げで持てるタイプのカバンです。

リュックのように、いちいち下さなくても物が取れるので使いやすいです。

オシャレなデザインやかわいいデザインが多いので、服とのコーディネートの相性も抜群です。

ただしリュックサックタイプに比べると入る量は少なめです。

ショルダーバッグタイプ

ショルダーバッグタイプは肩からかけて持つタイプのカバンです。

トートバッグ同様にカバンを下さなくても物がとれますし、両手も空くので使いやすいです。

リュックサックタイプ

リュックタイプは機能性重視、大容量を入れたい人におすすめのタイプ。

リュックひとつに必要なものが全て入るので、どこへ出かけるにもこれを持っていけば完結します。

カバンの中だけでなく、外側にもたくさんのポケットが付いているので財布や携帯、ペットボトルなどを入れておくことも可能です。

自分の荷物はサコッシュのようなミニショルダーバッグに入れて、子供用は全てリュックに入れておくのもよいですね。

2WAYタイプ

2wayタイプとは、2通りの使い方できるマザーズバッグのことです。

  • トートバッグ+ショルダーバッグ
  • ショルダーバッグ+リュックサック
  • ショルダーバッグ+クラッチバッグ

組み合わせは様々ですが、2通りの持ち方ができるので、出かける用途に合わせて変化できます。

「2WAYタイプ」と大々的に打ち出して売っている商品もあれば、「2WAY」と書いていないが「2WAY」のものもあります。

トートバッグとショルダーバッグは一緒になっていることが多いです。

3WAYタイプ以上

「3WAYタイプ以上」は3通り以上の使い方ができるバッグです。

「3WAYタイプ」

  • トートバッグ+ショルダーバッグ+リュックサック
  • トートバッグ+ショルダーバッグ+クラッチバッグ

「5WAYタイプ」

  • トートバッグ+ショルダーバッグ+リュックサック+前抱え+メッセンジャー

トートバッグの持ち手、背負える2本のストラップ、2本のストラップを1本化してショルダーに変化させることができます。

大きさから選ぶ

マザーズバックの大きさから選ぶのも一つの方法です。

一般的には子供が小さい時期ほどバッグは大きくなり、子供が成長するにつれてバッグは小さくなっていきます。

ミルクやオモチャなどが必要なくなるためです。

まずは持ち歩くものをピックアップし、どれくらいの大きさのバッグが必要か考えましょう。

機能性から選ぶ

  • 背負える
  • 肩にかけれる
  • 丸洗いができる
  • ポケットが多数
  • 型がしっかりしている
  • 軽量

上記のように機能性で選ぶのも良いでしょう。

数年使用するものなので、使いやすいものを選びましょう。

防水性から選ぶ

マザーズバッグの中にはオムツや飲み物などを入れるので、雨で濡れないための防水性が重要です。

「防水・撥水」と書かれたマザーズバッグなら、多少の雨でも大丈夫でアウトドアも楽しめます。

ただし豪雨など大雨の場合は、防水をしていても濡れることがあります。

素材から選ぶ

マザーズバッグの素材から選ぶのも方法です。

  • ポリエステル…シワになりにくい、摩擦に強い・熱に強い・日焼けが起こりにくい・毛玉ができやすい・静電気が発生しやすい
  • ナイロン…吸水性が低い・濡れてもすぐに乾く・摩擦に強い・軽い・熱に弱い・黄ばみがでやすい

ブランドから選ぶ

好きなブランドだと気分も上がるし、持っていきたくなりますよね。多すぎて選べないなら好みのブランドから選びましょう。

  • Ron Herman(ロンハーマン)
  • agnes b.(アニエスベー)
  • Marimekko(マリメッコ)
  • Ralph Lauren(ラルフローレン)
  • THEA THEA(ティアティア)
  • COMME CA ISM (コムサイズム)
  • kate spade(ケイトスペード)

上記はマザーズバッグで人気のブランドです。

マザーズバッグのおすすめランキング

では厳選したマザーズバッグ6選をご紹介いたします。

トートバッグのおすすめ

ではまずトートバッグのおすすめを紹介します。

THEA THEA『SASHA』

オシャレに万能に使えるマザーズバッグが人気ブランド「ティアティア」のサシャです。

  • 大容量
  • 500gの超軽量
  • トートバッグなので物が出しやすい
  • 中にポケットが豊富にあるので小分けしやすい
  • ナイロン使用で防水・撥水加工
  • ショルダーバッグとしても使える2WAYタイプ

など機能性を重視したバッグなので、トートのマザーズバッグを探している方は、これひとつで満足できるでしょう。

カバンの中にペットボトル用のドリンクホルダーがついているので、他のものを濡らさず、すぐに取り出せます。

ecoloco「オリジナルマザーズバッグ」

コスパ最強。かわいいデザイン・機能的・安いなど全ての魅力を兼ね揃えたのがエコロコのマザーズバッグです。

楽天のマザーズバッグ週間ランキングで、度々一位入賞しているこの商品。

シンプルにかわいいデザインなので、どんな服にも合うのが人気の理由です。

機能性も抜群で、子供の物はもちろん、書類やお弁当など大きいサイズの物も入るので、仕事用のカバンや旅行用として使用する方も多いです。

  • 床に置いても一人立ちできる
  • LやMなどカバンのサイズが選べる
  • ポケットが豊富
  • ダブルファスナー使用で、どっちからでもすぐに開けられる

など、細かい部分もこだわっています。

リュックサックのおすすめ

次にリュックサックのおすすめを紹介します。

Marimekko『バディ』

丈夫で大容量でシンプルデザインなリュックと言えば、マリメッコ。

ブラック、グレー、ワインレッド、ブラウン、ネイビーの5色はどれも落ち着いた色味で男女問わず使い回しができます。

手を離しても自立してくれるところも、手がふさがりがちなママにとって嬉しい機能。

A4サイズの書類が折らずに入り開口部が大きく開いて取り出しやすいので、通勤通学用に使っても便利。

頑丈な作りなので、1つ買えばマザーズバッグが必要なくなる時まで十分使用できるでしょう。

Propeller heads

大容量のスクエアリュックで人気なのがプロペラヘッズのマザーズバッグ。

高校生の通学用としても問題ないくらい荷物がたくさん入るので、ミルクセット、オムツ、授乳ケープ、着替え、タオル、母子手帳、財布、ポーチ、離乳食を入れても空きがあります。

ビッグサイズではあるものの薄めの生地を使用しており軽く設計されているので、ちょっとしたお出かけにも使用できます。

外ポケットがたくさん付いていて小分けができるので、荷物がぐちゃぐちゃになりやすい方におすすめ。

3WAY以上のおすすめ

最後に3WAY以上のおすすめマザースバッグを紹介します。

ROOTOTE『MAMMYROO MIARE』

トート、リュック、ショルダーの3WAYタイプとして使用できるルートートのマザーズバッグ。

卵1パックより軽量に設計されたカバンで、アウトドアや荷物の多い買い物時でも負担なく持ち運べます。

入り口が大きく開き、裏地に明るい色を使用しているので、どこに何が入ってるか一目で分かる使用に。

カバンの中で物が見つからない人は重宝します。

大人っぽいデザインなので30代以上の方にもお似合いの商品です。

COAROO 『ニューラフィー』

ショルダー、トート、リュック、前抱き、メッセンジャーと5WAYとして使用できるのが、コアルーの『ニューラフィー』。

ファッションや荷物の量に合わせて持ち方を変化させられるので、状況に合ったスタイルを選べます。

黒やカーキ、モカなど男性が使用しても違和感ないので、男女兼用の利用にもおすすめ。

丸洗い可能、側面のポケットが豊富、防水、撥水加工など基本も充実しています。

産前・産後の人は準備しておきましょう

大容量のマザーズバッグ。お出かけ時の子供用荷物は全て入るので、これ一つ持っておけば安心して何処でも出かけられます。

今から出産をむかえる人や産後間もない人は、今後絶対に重宝するので、今の機会にひとつ選んでおきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました