ポケットWi-Fiおすすめ10選を比較!選ぶ基準や種類に注目!

外でネットを利用することがある人や海外へ行った際にネットを利用したいという人、引っ越し先ですぐにWi-Fiを必要としている際におすすめのWi-Fiが『ポケットWi-Fi』になります。

しかし、ポケットWi-Fiは多くの企業が様々なプランやキャンペーンを用いて出しているということもあり、どれを利用するべきか悩む人もいるでしょう。そのような方へ向けて

  • ポケットWi-Fiの種類
  • ポケットWi-Fiを選ぶ際の基準
  • 人気のあるポケットWi-Fi
  • どのような人にポケットWi-Fiが必要なのか

についてまとめました。

まずは、ポケットWi-Fiの選び方を知った上で、自分が必要としているポケットWi-Fiはどのようなものなのか参考にしてください。

ポケットWi-Fiは3つの種類がある

ポケットWi-Fiには大まかに3つの種類があります。

  • WiMAX
  • 通信キャリア型
  • クラウドSIM型

どれも聞いたことはあるでしょう。

それぞれに特徴を持ち、どれを利用しても特に大きく変わるということはありません。

しかし、利用料であったり、通信速度、自分の地域に合っているのかなど様々な点が関わってくるので、どれを選ぶかは実際に契約時確認することをお勧めします。

では、それぞれ3種類のポケットWi-Fiがどのようなものなのか解説していきましょう。

WiMAX

WiMAXは現在多くの人がポケットWi-Fiで使用している形になります。

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているもので、高速通信を得意とした形です。

WiMAXを利用するにあたったメリットとして

  • 通信容量無制限
  • 工事なしで始められる
  • 利用できる接続台数が多い

ということが上がります。

工事なしで始めるというのは、ポケットWi-Fiならではの強みになりますが、利用できる台数が多いというのは、WiMAXの強みにもなるでしょう。

一般的なモバイルルーターの場合は10台前後のものが多くありますが、WiMAXの多くは15台以上と接続可能台数が多くあります。

通信キャリア型

通信キャリア型というのは、docomoやソフトバンク、auなどのキャリアが提供しているモバイル通信サービスになります。

主に電波は4G LTEを使用しており、通信の安定性があるので高いビルなどによる遮蔽はありません。

docomoやソフトバンクなどを利用している人は、この通信キャリアにてポケットWi-Fiを契約している人が多いでしょう。

クラウドSIM型

クラウドSIM型を説明する前に、まずはクラウドとSIMについて解説していきます。

クラウドとは、ネット上で利用することができるサービスになります。

ネットワークを経由することで手元のパソコンやスマートフォンにて自身の利用しているデーターやソフトウェアを利用することができるのです。

SIMの代表格と言えば、皆さんが利用する携帯の特定ID番号が記載されたICカードのことになります。

この二つを合わせてクラウドSIMと言い、それを利用したポケットWi-FiがこのクラウドSIM型になります。

これは、クラウド上で管理するサービスなので、SIMカードに対して1台のネット利用が可能というわけではなく、複数のSIMに割り当てることができるので、様々な機器にてネット利用が可能です。

海外へ行った際にも、特に何かネット回線の切り替えを行わなければいけないということがないので、安心して利用できるでしょう。

ポケットWi-Fiの選び方

ポケットWi-Fiはとても多くの種類があり、どのように何を選ぶべきか悩む人も多いでしょう。

知識を持たない人であれば、全て同じように感じることもあります。

しかし、ポケットWi-Fiにはそれぞれの企業で特徴を持ち、選ぶものによっては通信速度や料金など様々な違いがあります。

ポケットWi-Fiの利用を考えていく上で、まずは企業の違いの前にどのような点を元に選んでいくべきなのか解説していきましょう。

データー容量の違い

ポケットWi-Fiは契約によってデーター容量が大きく異なります。

ポケットWi-Fiのデーター容量というのは、一定期間内で通信できる量のことを示しています。

中には、ポケットWi-Fiに通信できる量があることを知らない人もいますが、これはかなり重要で、自分がおおよそ1ヶ月でどれだけギガ数を使用するかということを把握しておく必要があるでしょう。

現在のプラン内にはギガ放題もありますが、明らかに使う容量が少ないのにギガ放題を組むのは料金的にも勿体ない状態になります。

外で使用することが多い人や、自宅でもポケットWi-Fiのみを使用するという人はギガ放題プランを利用すると良いでしょう。

速度制限

上記で説明したように、組んだプランによっては契約したギガを超えてしまった場合に速度制限がかかります。

もしギガ放題や無制限プランを組んでいた場合には、月初めの何日間は何GB以上使用すると制限がかかるなど、それぞれの企業によって決まりがあります。

このように通信制限がかかってしまうと、通常であればスムーズに見ることができる動画やWEBサイトなどの読み込みが非常に遅くなり、ストレスとなるでしょう。

こうならないためにも、自分が月にどれだけGBを必要としているのか、また月初めの条件などを理解した上で契約していかなければなりません。

『ギガ放題』『使い放題』などの言葉を利用してデーターをいくらでも使えると表現をしていますが、だいたいは制限がかかる可能性もあるので、しっかり把握しておきましょう。

エリア

現在契約ができるポケットWi-Fiのほとんどが日本全国利用できます。

しかし、山間部に囲まれたエリアや、一部エリアでは通信できない可能性も。

もし住んでいる場所が都心部であったり、首都に住んでいる場合はこのような通信状況の悪化などはありませんが、田舎であったりする場合は注意が必要です。

そのため、常に使用できるようにしたい場合には、自身が主に活動するエリアが通信エリアに入るのか確認しなければなりません。

現在はそこまで注意する必要もありませんが、場合によっては対応していない地域や若干通信速度が下がってしまう地域もあります。

また、海外出張や海外旅行によく行くという人は、ポケットWi-FiのクラウドSIM以外は対応していないので要注意です。

契約期間

ポケットWi-Fiの契約する会社やプランによっては『契約期間』というものが設けられています。

この契約期間というのは、いつまで使えるということではなく、『何年間解約ができない』『違約金が発生する』ということです。

多くのポケットWi-Fiは2年又は3年の場合が多く、その間に解約すると違約金が発生するので注意しましょう。

最初は大丈夫だと思っていても、生活が変わることもあります。

もし引っ越しが多い、近々環境の変化があると分かっている場合には、契約期間が設けられていない企業を選択すると良いでしょう。

人によっては短期間のみポケットWi-Fiを利用したいという人もいるでしょう。

その場合にはレンタルできるポケットWi-Fiもあるので、そちらを選択することも一つです。

おすすめポケットWi-Fiランキング10選!

ポケットWi-Fiの種類や選び方を理解していただいた上で、人気があるポケットWi-Fiを紹介していきます。

上記のようにいくつか選ぶ基準を設けることである程度どこのポケットWi-Fiが良いか絞ることができるでしょう。

紹介の中でも、それぞれに

  • 料金
  • 通信速度
  • データー容量
  • エリア

を記載していますので、ぜひ参考にしてください。

では、ポケットWi-Fiで人気のある企業1位~10位までチェックしていきましょう。

1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはWiMAXとauの回線を利用しており、ギガ放題プランに登録することで実質無制限で使用することができます。

通信制限として、3日以内で10GBと超えると翌日の18時から翌々日の2時まで制限が入りますが、それを守ることで快適に使えるでしょう。

もちろんギガ放題程利用はしないという人にも、7GBで利用できるプランもあるので、メールやサイトの閲覧だけという人にはおすすめです。

その後に7GBでは足りないという人に対してプラン変更も可能で、その場合料金は多少高くはなり、利用1~2ヶ月であっても4,688円になるので注意してください。

特典として、GMOとくとくBBの端末を購入する際対象商品であれば最大30,000円のキャッシュバックや条件が揃うと端末代0円などもあります。

GMOとくとくBBの契約期間は3年となっており、その間に解約すると違約金が発生するので注意してください。

回線 WiMAX

au4G LTE

月額料金 ・ギガ放題プラン 1~2ヶ月目 3,969円

3ヶ月目以降 4,688円

・7GBプラン 3,969円

データー容量 実質無制限
通信速度 下り1Gbps
速度制限 10GB/3日間で 1ヶ月の上限なし
エリア 日本全国可能

エリア確認URL:https://gmobb.jp/wimax/area/

サイトURL https://gmobb.jp/

2位:カシモWiMAX

カシモWiMAXは業界内で最安値を記録するポケットWi-Fiになります。

他の企業と比べて月額料が安いので人気があり多くの人が契約しています。

他の企業では初月から2,000円以上の所が多いですが、カシモWiMAXは初月1,518円とかなり安く、2ヶ月目以降も他よりも安く利用できます。

端末代金が無料という特典や、最安値プランであれば月額料金47,000円相当の値引きもあるので、そこまで高い料金が必要ということもありません。

また端末が届いてからすぐ利用できるという点も大きな魅力となるでしょう。

引っ越してすぐにWi-Fiが使いたいという人もカシモWiMAXならば面倒な手続きなしで頼むことができます。

契約期間は3年になっているので、その間は解約できないので注意してください。

回線 WiMAX
月額料金 ・ギガ放題プラン 初月:1,518円

2ヶ月目以降:3,971円

・ライトプラン(7GB) 初月:1,518円

2ヶ月目以降:3,289円

データー容量 実質無制限
通信速度 下り1Gbps
速度制限 10GB/3日間で
エリア 日本全国可能
サイトURL https://www.ka-shimo.com/

3位:MUGEN WiFi

MUGEN WiFiはクラウドSIM型になるので、海外旅行へ行くことが多い人などはおすすめのポケットWi-Fiになっています。

世界134カ国の地域でそのまま何も手続きを必要とせずに使用できますが、国によって金額が異なります。

詳細は以下の通りです。

1,200円/日 1GB/日

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • アメリカ
  • オーストラリア

 

1,600円/日 1GB/日

  • 中東
  • アフリカ
  • 南米

海外での利用しない場合にはその日の使用料は発生しません。

また3日で10GBなどの制限がなく、どこでも繋がりやすいため、安心して外出先でも利用できるというところもポイントでしょう。

回線 クラウドSIM
月額料金 3,718円~
データー容量 100GB
通信速度 下り150Mdps
速度制限 なし
エリア 日本全国、世界134カ所可能
サイトURL https://mugen-wifi.com/

4位:BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBEは光回線でも有名な企業になり、BIGLOBEはWiMAXを利用したポケットWi-Fiも多くの人が契約して利用しています。

契約期間が1年からと他の企業と比べて短いことが特徴で、ポケットWi-Fiを試しに利用してみたいという人や、短期間の契約を希望する人には良いでしょう。

契約し、サービス開始月は無料で利用でき、翌月から使用料の支払いが始まります。

データ端末を同時に申し込むと17,000円のキャッシュバックがありますが、端末代を支払うと変わらないということだけ覚えておきましょう。

通信速度やデーター容量は他者に比べると良く、よほど山などに囲まれていない限りは通信を遮断されるということもありません。

回線 WiMAX
月額料金 ギガ放題 契約月無料 契約翌月~ 4,378円
データー容量 実質無制限
通信速度 下り1Gbps
速度制限 10GB/3日間で
エリア 日本全国
サイトURL https://join.biglobe.ne.jp/

5位:THE WiFi

THE WiFiは国内に15万カ所以上にルーターがなくても利用できるスポットを準備しており、それを利用する場合と利用しない場合でプランが異なっています。

またクラウドSIM型ということもあり、海外での利用も可能です。

こちらは

  • アジア一部の国 850円/日 最大3GBまで
  • そのほかの国 1,250円/日 最大3GBまで

と安い利用料になっており、利用しない日には利用料金が発生しないので、安心です。

他にも、100GBプランを申し込んだ際には1ヶ月目から4ヶ月目まで基本料金0円という大きなキャンペーンも実施しているので、実質4ヶ月間は3,190円と他社と比べても安い利用料で済むでしょう。

他にもオプションをつけ、別途で支払うことでABEMAプレミアムを利用でき、ドラマや映画、バラエティなどが好きな人には見放題となるので、嬉しいオプションとなります。

回線 クラウドSIM
月額料金 <THE WiFi>(Wi-Fiスポットサービス付き)

・40GB 3ヶ月まで3,278円 4ヶ月目以降3,676円

・100GB 3ヶ月まで3,828円 4ヶ月目以降4,226円

<THE WiFiライト>(Wi-Fiスポットサービスなし)

・40GB 3,278円

・100GB 3,828円

データー容量 実質無制限
通信速度 下り150Mdps
速度制限 100GBまで
エリア 日本全国、世界132カ国可能
サイトURL https://www.smamoba.jp/thewifi/

6位:ZEUS WiFi

ZEUSWiFiはクラウドSIM型を採用していますが、docomo、au、SoftBankの回線が利用でき、自動接続されるので繋がりやすい回線になっています。

ZEUS WiFiも海外利用がスムーズにできるようなっていますが、他者と比べて106カ国と利用できる国が少なくなっています。

しかし、106カ国というだけでも多くの国で利用できるので、有名国の旅行などであれば問題なく利用できるでしょう。

プランも細かく20/40/100と分かれているので自分がどれだけ利用するか理解できていれば大きなGBプランを利用しなくても大丈夫です。

ZEUS WiFiの場合には、プランにより解約料は発生せず、最低利用期間というのも異なるので、注意してください。

回線 クラウドSIM
月額料金 <スタンダードプラン20GB>

2,178円/月

<スタンダードプラン40GB>

2,948円/月

<100GB>

4ヶ月まで 3,278円 5ヶ月目以降 3,828円

データー容量 100GB
通信速度 下り150Mdps
速度制限 10GB/3日間で
エリア 日本全国、海外106カ国可能
サイトURL https://zeus-wifi.jp/

7位:ワイモバイルWiFi

ワイモバイルは契約間の縛りがないので、そちらを気にしている人にはおすすめのポケットWi-Fiとなります。

多くの企業が3年ほどの縛りがあり、その期間に解約すると違約金が発生しますが、ワイモバイルにはそちらがありません。そのため、試しに利用してみたいという人にも良いでしょう。

また、他の企業では何ヶ月の利用で月額料の変動がありますが、ワイモバイルにはなく、初月から一定なので、料金の変動が気になるという人にも良いです。

ワイモバイルでは最大16台の機器と接続することができるので、多くの機器を利用している家族などには使いやすくなります。

ただし、ワイモバイルの場合、回線が安定していないということが難点で、場所や時間帯によっては繋がりにくい傾向があります。

利用する場合には、利用する人が多い通勤時間帯や昼休憩時など時間をずらすなどするとストレスなく利用できるでしょう。

回線 LTE(SoftbBank)
月額料金 ・ベーシック 7,500円

・にねん 3,696円

・バリューセットY 5,287円

・バリューセットライトY 4,744円

データー容量 実質無制限
通信速度 下り838Mdp(一部地域)
速度制限 10GB/3日間で
エリア 日本全国
サイトURL https://www.ymobile.jp/

8位:クラウドモバイル

クラウドモバイルは契約期間が3年間と長くありますが、その間月額割引とAmazonギフト券がもらえるため、実質3ヶ月間は2,800円が0円と料金がかかりません。

ただし、キャッシュバックキャンペーンに関しては一定期間内に手続きが必要で、そちらを忘れてしまうともらうことができないので注意しましょう。

ギフト券に関しては、直接自宅に送られてくるので、もらうことを忘れてしまうということや、面倒な手続きを必要としいていないので安心です。

接続環境も良く、動画も快適に視聴できることや、外でもサクサクと利用できるのでストレスなくできるでしょう。

回線 WiMAX
月額料金 ギガ放題:3ヶ月まで 2,800円

4~24ヶ月 3,500円

25か月間 4,100円

データー容量 実質無制限
通信速度 下り150Mdps
速度制限 10GB/3日間で
エリア 日本全国

確認URL

http://www13.info-mapping.com/uq/map/index.aspx?M=011

サイトURL https://cloud-m.site/

9位:どこよりもWiFi

どこよりもWiFiはとても細かくプランを組んであります。

無制限ではありませんが、最大200GBまで利用できるプランがあるので、多くGBを使用する人はそちらをおすすめします。

ただし、200GB以上利用する場合には、速度制限がかかり厳しくなるので注意しなければいけません。

こちらのポケットWi-Fiはデータ容量によっては他者の方が安い場合もあるので、自分が利用するGBを考慮した上で契約の有無を決めた方が良いでしょう。

またクラウドSIM型ということもあり、海外での利用ができます。

別途500MB/日で780円かかるので、他の企業を見た時にはもっと良いプランもあり、比較していく必要があるでしょう。

通信状況などは優れているので、どこで利用するにもストレスなくできますが、口座振替ができず、クレジットカードのみの支払いになっているので注意してください。

他にも、端末が送られてくる際に、充電ケーブルも一緒に送られてきますが、USBアダプタは自身で準備する必要があります。いくつか注意点があるので、しっかり確認してください。

回線 クラウドSIM
月額料金 <スタンダード>

5GBまで 1,400円

20GBまで 2,400円

50GBまで 3,400円

100GBまで 3,900円

<プレミアム>

5GBまで 1,400円

20GBまで 2,400円

50GBまで 3,400円

100GBまで 3,900円

150GBまで 4,400円

200GBまで 4,900円

データー容量 100~200GB
通信速度 下り150Mdps
速度制限 なし
エリア 日本全国(プランによって海外可能)
サイトURL https://wifi.dokoyorimo.com/

10位:限界突破WiFi

限界突破WiFiはクラウドSIM型で、海外利用も可能になります。

また、端末が大きな液晶で、タッチパネルがあるという点で、地図アプリや翻訳機能も利用できるという他とは違う大きな点が特徴です。

キャリアに縛られることはなく、docomo/au/SoftBankの3キャリアで一番つながる電波を拾ってくれるので、安心して外で利用することもできます。

また、実質無制限ということを下記で記していますが、限界突破WiFiは毎日24:00にデータのリセットが入り、5GBまでは高速データ利用ができ、5~10GBまでは快適な状態になります。

10GB以上は128kbpsと下がってしまうので注意してください。

こちらの企業は、一日に5~10GB以内の利用という場合にのみおすすめできます。

1日10GB以上使うという人はこちらはおすすめできないので注意してください。

回線 クラウドSIM
月額料金 3,850円
データー容量 実質無制限
通信速度 下り150Mdps
速度制限 5GB以降は低下
エリア 日本全国 海外107カ国
サイトURL https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

こんな人にポケットWi-Fiがおすすめ

ポケットWi-Fiを利用してみたいけれど、実際にどのような人が利用すると良いのか疑問に思う人もいるでしょう。

ポケットWi-Fiは、利用してもメリットがない人というのももちろんいます。

まずはポケットWi-Fiを利用する上で、自分は利用するメリットを持つのかどうか把握しておく必要があります。

そこで、ポケットWi-Fiを利用する人はどのような環境を持つ人が良いのでしょうか。そちらの解説をしていきましょう。

場所を選ばず使いたい

最初に挙げられる条件として、外でネット利用することが多いという人でしょう。

出先でパソコンを利用して仕事をするという人や、ネットを見るという人にはポケットWi-Fiを利用するメリットがあります。

前述でもいくつか紹介していましたが、ポケットWi-Fiの中にはクラウドSIM型を適用しているものもあり、その場合には海外へ行くことが多いという人にも最適です。

このように、自宅以外でもネットを利用することが多いという人はポケットWi-Fiを利用することで多くのメリットが上げられるでしょう。

契約後早く利用したい

引っ越しをした際などに、Wi-Fiを契約したい気持ちになりますが、回線を通す際には工事などが必要になり、また引っ越し時期などに重なると出来る時期が1ヶ月以上という場合もあります。

その待ち期間中はWi-Fiが利用できないので、スマホを利用している場合にはたくさんのGB消費やパソコンの利用ができない状況になってしまいます。

他にも引っ越しが多いという人には、その都度手続きをすると手間もかかってしまいます。

そのような人の場合にはポケットWi-Fiを利用することで、手間や時間を省くこともでき、引っ越した先ですぐに利用することができ、ストレスもなくなるでしょう。

初めて使うという人も、主に契約してすぐに端末が届くため、待っても2日程と言えるので安心もできます。

単身での利用

アパートなどに在住しており、Wi-Fiを必要としている人が一人の場合には、ポケットWi-Fiの利用が一番効率よくできるでしょう。

一人で利用の場合には多くのGBを必要としないこと、決まったGBで済ますこともでき、安い利用料ということもあり無理なくできます。

自宅でのみ利用するという人は、ポケットWi-Fiも良いですが、ホームルーターだけでも良いでしょう。

もちろん、一戸建てで他にもWi-Fiを利用する人がいる場合には光回線が良いので、その辺は考えて何を利用するか決めていきましょう。

ポケットWi-Fiは慎重に選ぼう!

ポケットWi-Fiを利用する人は主に外でネットを利用する人、海外へ行くことがあるという人に一番おすすめですが、とても多くの企業があります。

選ぶ際には、エリアの確認、キャンペーンを利用する、無理ない料金プランなど比較する点はいくつもあるので、気になる企業がある際には、比較するべき点を見て決めましょう。

企業によってはいくつか契約時の決め事もあるので、そちらの確認も怠らないようにし、自分のライフスタイルに合う企業、プランを選んでください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました