MENU

フローリングワイパーおすすめ15選を比較!特徴や選び方のコツを解説

フローリングワイパーおすすめ15選を比較!特徴や選び方のコツを解説

掃除機をかけるほどではないけれど、床に落ちているちょっとしたホコリや髪の毛が気になってしまうことはありませんか。

そんな時には、ちょっと手を伸ばすだけで、すぐに汚れが取れるフローリングワイパーを使ってみましょう。掃除機と違って音が出ないので、夜遅くても気にする必要がありません。

スティックの長さを選べたりシートを使い分けたり、さまざまな機能が充実しているフローリングワイパーをご紹介します。ご自分の掃除スタイルに合った納得できる商品選びに、ぜひ参考にしてみてください。

目次

フローリングワイパーの特徴

フローリングワイパーの特徴は大きく分けて3つあります。シートを使い捨てるタイプ、ぞうきんやクロスを着脱させて洗うことができるタイプ、そしてワイパーのスティック部分が伸縮させられるタイプです。ここでは、それぞれの3つの特徴を解説していきます。

  • 使い捨てタイプ
  • 着脱タイプ
  • 伸縮タイプ

それでは見ていきましょう。

使い捨てタイプ

まず一番多いのが、シートを使い捨てるタイプ。シートにはウェットタイプとドライタイプがあり、どこをどのように拭くのかによって使い分けることができます。

さまざまな会社が独自のシートを開発して販売していますが、シートの性能やデザインによって汚れの取れぐあいが変わってくるので、いろいろと試してみるのがおすすめです。

メーカーによっては、ワイパーの特殊なデザインのヘッドと専用のシートを一緒に使うことで、効果をさらに発揮させています。

着脱タイプ

着脱タイプは、シートを使い捨てるのではなく、ぞうきんやクロスを着脱させてなんども使えるようにしているタイプのワイパーです。

特にただ水拭きをしたいだけの場合には、洗剤が付いている市販のシートではなく、このタイプを選ぶといいかもしれません。

また、汚れたら洗って何度でも使うことができるので、シートを買うよりも経済的です。着脱の手間やぞうきんやクロスを洗う手間がかかりますが、小さなお子さんがいたり、飲み物やペットの水をこぼしがちだったりする場合には、特におすすめです。

伸縮タイプ

スティックの部分が伸縮するタイプです。ジョイント式になっていて、何本かのパイプをつなげるタイプ、ボタン一つで伸縮させるタイプ、そしてレバーを開閉することで伸縮させるタイプなど、メーカーによってさまざまな工夫がなされている部分です。

使い勝手や収納スペースなどに合わせて、自分の掃除スタイルに合ったデザインを選んでみましょう。ミニタイプなど最初から短いものもありますので、掃除場所に合わせていろいろと揃えてみるのもいいですね。

フローリングワイパーの選び方のポイント

フローリングワイパーを選ぶにはいくつかのポイントとコツがあります。

さまざまなタイプがあるので、実際に使ってみるのがおすすめです。掃除をする場所によって使い勝手が異なる場合もあるので、あえて違うものを選んでみるのもいいですよ。

選び方のポイントしては以下4つのポイントです。

  • ヘッドの形状
  • ヘッドのサイズ
  • 伸縮式
  • 自立式

それぞれ解説していきます。

ヘッドの形状

ヘッドの床面は、ゴミや汚れをキャッチしやすいようにさまざまなデザインのパターンになっています。

メーカーによっては、このパターンとシートのパターンとを合わせて設計しているものもあり、合わせて使うことで効果を発揮させているものもあります。

中心が盛り上がっているタイプは、少し押し付けることで一度キャッチしたゴミやホコリをしっかりと逃さないなど、各メーカーともいろいろ工夫されている部分です。

ヘッドのサイズ

普通のフローリングワイパーはどのメーカーもほぼ同じ大きさになっていますが、メーカーによってはミニサイズやトイレ専用のワイパーなどもあり、さまざまなサイズやデザインがあります。

サイズが小さい場合には専用シートが販売されていることが多いので、シートも合わせてチェックしましょう。

厚みの違いもいろいろあるので、ベッドの下や家具の隙間などを掃除したい場合には、薄型タイプのヘッドを選ぶことをおすすめします。

伸縮式

スティック部分のボタンを押したり、レバーを開閉させることでスティックを伸縮させます。

片手で操作できるのが一番のポイントなので、使いやすさにこだわる場合には、特におすすめのタイプです。

伸縮させて自由に長さを調節することで、いろいろな場所を掃除することができるので、小回りがきくよう短くしたり、天井を拭くために長くしたりと、1本でさまざまな使い方ができます。

自立式

掃除をしている間に一時的に置いておきたい場合など、自立して立っているタイプのワイパーが便利です。

ヘッドの床面が平らになっているものや、スティックとヘッドをしっかりとジョイントして立たせているものなど、さまざまなタイプのものがあります。

メーカーによっては自立はしなくとも、専用のスタンドを別売りしているものもあり、立たせることができます。

フローリングワイパーおすすめ 15選

それでは、おすすめのフローリングワイパーをご紹介します。

メーカーごとにさまざまな工夫がなされているので、どれを選んだらいいのかわからなくなりそうですが、使い勝手や自分の掃除の仕方、収納場所、あるいは経済的・衛生的なポイントを見てみてください。

自分だったらこう使うという視点で検討してみるのもおすすめです。

3Mスコッチブライト/フロアワイパージョイントタイプ

ヘッドの全面が凸凹しているので、ゴミをしっかりキャッチできます。

太めのハンドルは握りやすく、長さが調節できるジョイント式スティックなので、場所に合わせて使いやすいのが特徴です。

ヘッドが360度回転し、スティックを90度に倒せるので、ベッドの下やタンスと壁の隙間など、どんな場所にでも使えてOK!気になる場所をいつでも手軽に掃除できます。

ドライシート・ウェットシートのどちらも使えるのが便利です。爽やかなグリーンカラーとデザインもおしゃれでとても良いです。

DCM/クリップ付伸縮ワイパーふわふわぞうきん付

レバーを開閉することでスティックの長さを伸縮することができるワイパーです。

付属の超極細繊維のふわふわぞうきんをクリップで挟み込んで固定すれば、壁面や天井などの高い場所にもワイパーが届くので、スッキリきれいに掃除できるのがポイント。

ヘッドについたストッパーに各社クロスやシートを差し込んで使えるので、さっと捨てることも簡単です。

ヘッドは立体曲面のクッションになっているので、床面に密着させて髪の毛やホコリなどもしっかり取れますよ。

ミクロ繊維の高い吸水力で、皮脂汚れもしっかりキャッチできるすぐれものです。

Eyliden/フロアワイパー

ヘッドの厚さ1.5cm、スティックを倒しても厚さ4cmしかない超薄型のフロアワイパーです。

スティックを最大142cmまで伸ばせるので、背が低めの人でも天井までしっかり掃除ができるのが◎。伸縮レバーを開閉してしっかり固定できるので、安全に使えるのもいいですね。

付属のクロスはマイクロファイバーでできているので、どんな小さなゴミも取れます。ゴミがついたりケバだったりしたら、付属のスクレーパーを使えばきれいにできるのが特徴です。

柔らかいクロスはフローリングはもちろん、タイルやガラス、車の中にも使えるので、掃除が楽しくなります!

Tidy/フロアワイプ

ヘッドに天然木を使ったおしゃれなフロアワイパーです。天然木を使っているので、ヘッドが適度に重くなっており、重みで床面にしっかりとフィットします。

ヘッドの床面側はゴム製のプレートになっているので、シートがしっかりフィットして、汚れをしっかりと拭き取れるのが特徴です。

シートはヘッドに差し込むタイプではなく、ヘッドを一度外して、しっかりと折り込んでから挟んで固定するので、使用中に外れにくくなっていて、見た目もスッキリきれいなのが嬉しいですね。

スティックを倒せば4cm程度の隙間にも入れられるので、隅から隅までスッキリ!別売りのスタンドに立てれば、見た目も美しく置けるのが◎です。

アイリスオーヤマ/フローリングワイパー

スティックにフックをかけられる穴がついている、見た目スッキリのフローリングワイパーです。

3Dふくらみ形状になっているヘッドは、床面に押し付けることでヘッド全体に均一に力がかかって、ホコリやゴミを絡め取るようになっています。

また特殊形状で凸凹した根こそぎヘッドが、ソファやテーブルの足元や窓際のホコリもしっかりとキャッチしてくれますよ。

カラーがブラックとホワイトの2種類あるので、部屋のインテリアに合わせて選べます。

アズマ/フローリングワイパー シートを両面使えるワイパー

使い捨てシートの両面を、簡単に使用できるフローリングワイパーです。

片面が無駄にならないので経済的なのがポイント!使い捨てシートはウェットでもドライでもどちらもOKなので、フローリングだけでなく、タイルや畳の汚れもしっかり取れますよ。

太めのグリップなので持ちやすく、スティックは2段階の伸縮タイプなので、腰をかがめることなくラクラクな姿勢で掃除ができます。

シートを両面使えることで、普通のフローリングワイパーの2倍は掃除ができるので、汚れが気になったらたっぷり使えて衛生的です。

アズマ/どこでもフロアワイパー

普通のフロアワイパーよりもヘッドが一回りスリムサイズのフロアワイパーです。

ヘッドの大きさが約6×18cmとなっているので、せまい場所にもスイスイとワイパーを入れて掃除できるのが便利!普通のフロアワイパーが入らないような場所を掃除するのに最適です。

スティックも短くなっているので、気軽に使えます。また、家具にぶつかっても傷つかないようなパッドがついているので安心ですね。

ヘッドが小さいので、専用のフロアシートを購入する必要があります。

カインズ/立つフローリングワイパー

自立して立たせて置けるフローリングワイパーです。

スティックとヘッドのジョイント部分に簡単なスタンドロックがあるので、スティックを立たせたままロックすれば、自分で立たせることができます。

いちいち壁に立てかけたり、横にして置く必要がないので、掃除が楽になります。使い捨てシートはドライもウェットもOK! 

ヘッドを回転させることでシートを裏返すので、シートの両面を使うことができて無駄なく経済的なワイパーです。

キャンドゥ/伸縮式フローリングワイパー

スティックが伸縮式になっているので、壁面や天井まで掃除しやすいタイプのフローリングワイパーです。

100円ショップのキャンドゥですが、この商品は1つ330円。値段は安価ですが、フローリングワイパーとしての性能は、普通のものと変わりないので、各部屋に一つ置いておいてもいいかもしれません。

ウェットもドライも別売りのシートを買えば、気軽にどんどんと掃除ができます。

キャンドゥは他にもスティックが短いワイパーや掃除用具がそろっているので、色々と試してみるのも◎。

ニトリ/伸縮フローリングワイパー

ハンドルスティックの長さを3段階に調節できる、伸縮フローリングワイパーです。

ヘッドの中央が膨らんでおり、ヘッドの床面が凸凹している形状なので、シートがしっかりとゴミをキャッチしてくれます。

また柔らかいクッションになっているので、ちょっと力を入れれば、しっかりゴミとくっついて汚れを逃さないつくりになっていますよ。

グリップの部分は倒れにくいラバー製なので、掃除を中断してもすぐに再開できてラクラク。

スティックの先端のヘッドを別売りのカーペットクリーナーに変えることもできますから、至れり尽くせりです。

ユニ・チャーム/ウェーブフロアワイパー

人気のウェーブシリーズの、ヘッドが独自のダイヤモンドパターンで凸凹しているフロアワイパーです。

厚みがたったの1.6cmの薄型両面ヘッドで、ヘッド部分を360度回転させられます。

両面が使えるので、縦にも横にもぴったりと当てることができて、冷蔵庫や家具の隙間の汚れもしっかりとキャッチできるのが特徴です。

付属のウェーブシートも表面が凸凹したデザインになっているので、一度とらえたゴミをしっかりと取ることができてスッキリ!

効果を100%発揮させるためにも、専用の取り替えシートを使うことをおすすめします。

レック/激落ちピタっとシートワイパー新立体クッション

シートの取り付けが超簡単なラクラクなワイパーです。

シートはヘッド上部にあるギザギザ面を軽く押さえつけるだけでくっつくので、差し込みタイプと違って指を挟んだり、爪が痛くなりません。

ヘッド部分は中心に向かって盛り上がっている立体構造になっているので、ちょっと押さえるだけで床面にぴったりとフィットして、髪の毛やホコリの汚れをしっかりと取ることができます。

スティックは伸縮タイプと非伸縮タイプのものがあるので、収納場所や使いやすさを考えて選びましょう。

ジョイントタイプはコンパクトに収納できるのが◎です。

レック/激落ちフローリングワイパー

ヘッドがギザギザになっている激落ちのフローリングワイパーです。

市販のシートを差し込み口に挟んで使うタイプ。ヘッドの床面は中心に向かって盛り上がっている立体構造になっているので、ホコリや髪の毛などの汚れをしっかりキャッチして逃がしません。

伸縮タイプと非伸縮タイプがあるので、使いやすさで選びましょう。

余分なデザインがないので、スッキリと見せたい場合におすすめのフローリングワイパーです。

花王(Kao)クイックルミニワイパー

スティックが普通サイズの約半分のミニワイパーです。

膝をつかずに掃除することができるので、トイレの床や壁の掃除におすすめ。小さいヘッドと短いスティックで小回りがききます。

花王のトイレクイックルを半分に切ってつけることができるなど、経済的に使えるだけでなく、シートの着脱は蓋を開いて挟むだけの簡単で使いやすい設計。

シートに触れることなく、トイレにそのまま流すことができるので衛生的です。

ヘッドの曲線がトイレにぴったりフィットするので、しっかり汚れを取り込めます。

山崎産業コンドルぞうきんとシートが使えるフローリングワイパー

市販のシートだけでなく、ぞうきんやクロスをつけることができるフローリングワイパーです。

ワニ口クリップでしっかりと挟むので、厚みのあるぞうきんやクロスでもしっかりと装着して固定することができます。

スティックは伸縮タイプになっていて、どんな場所でも使えるので、普段手の届かないような天井や壁面などを水拭きしたい時などには特に便利です。

ぞうきんやクロスを何度も洗って使えるので、シートを使い捨てするよりも経済的でおすすめです。

まとめ

今回は、さまざまなタイプのフローリングワイパーをご紹介してきましたが、いかがでしたか。

いろいろな機能があって、どれにしたらいいのか悩んでしまうかと思いますが、自分の掃除スタイルや掃除をする場所、収納場所などを考慮して、自分に合ったフローリングワイパーを選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ベビー用品、ランドセル、食品、車、インフラ関連、様々なジャンルのお店、冠婚葬祭、アプリなどの暮らしに特化した様々な専門知識を持ち合わせた編集部です。暮らしるべでは暮らし全般の記事を執筆しており「暮らしの中の知りたいに答える」をテーマにわかりやすい記事をご提供できるように心がけています。

目次