MENU

タイヤの保管方法!おすすめ保管ラック・カバー!空気圧・ベランダ保管の注意点

タイヤの保管方法!おすすめ保管ラック・カバー!空気圧・ベランダ保管の注意点

雪が積もらない地域にお住まいで、冬期間スタッドレスタイヤに履き替える必要のない地域の方々は、タイヤを保管することはあまりありませんが、積雪がある地域の方々にとって、冬期間はノーマルタイヤ、夏期間はスタッドレスタイヤをそれぞれ保管しなければなりません。

タイヤの保管方法は、屋内保管と室内保管、カバーをかけるべきかどうか、次回使用するときのために空気をパンパンにするべきかそのままにするか、タイヤを縦に保管するか横に寝かせて保管するかなど、さまざまな疑問が生まれてきます。

今回は、タイヤを少しでも長持ちさせるために、より良いおすすめの保管方法と注意点について詳しく解説します。

目次

タイヤを保管する前にキレイに洗おう

クルマから取り外し、保管予定のタイヤは水洗いで構いませんのでキレイに洗って乾燥させてから保管することをおすすめします。

タイヤに泥や汚れが付いているとタイヤのゴム質の劣化につながります。ホイールにもディスクブレーキのブレーキダストが赤茶色に付着していますので、スポンジを使用して水洗いするだけでキレイになります。特に輸入車のホイールやフロントに使用したホイールの汚れは多めです。

冬期間の融雪剤が付着している場合には、アルミホイールの腐食につながりかねません。

近年では、腐食対策は進んでいますが水洗いでキレイにしましょう。鉄粉など水洗いで落としきれない汚れはそのままでも良いですが、どうしても落としたい場合は、市販のホイールクリーナーを使用して汚れを落とします。

クリーナーを使用して汚れを落とした後は、しっかり水洗いしてクリーナーの成分が残らないようにすることがポイントです。

タイヤをキレイに洗って保管することで、タイヤを運ぶ際に手や衣類を汚すことなく運ぶことができ、保管場所も砂や泥などで汚すことはありません。

タイヤワックスは不要

タイヤワックスをつけるとこで艶が出てタイヤをワックスで保護できるイメージがありますが、タイヤワックスは塗らずに保管がおすすめです。ワックスに含まれる石油系溶剤などがタイヤに浸透し、タイヤを硬く劣化させ、ヒビ割れを誘発する可能性があります

オークションなどでタイヤを購入する際に、タイヤワックスが付いていると艶々してキレイに見えますが、注意が必要です。とくに、溝のある路面接地面にもワックスが付いていた場合には、使用前にしっかり落とす必要があります。落とさずに使用すると、本来のタイヤの性能が発揮されず危険です

タイヤの空気圧はどうするの?

通常タイヤはそのクルマの指定空気圧を入れています。乗用車なら約2.0~2.4kpaで、自然に抜けるため定期的な空気圧チェックが必要とされています。

タイヤを保管する際には空気圧を下げることをおすすめします。乗用車なら約1.0~1.5kpaで約半分くらいまで空気を抜きます

保管時にタイヤのゴムへの圧力を少なくしてゴム劣化を抑制するためです。タイヤの空気の抜き方は、エアバルブの中心にある棒(ムシバルブの頂点)を押すことで空気が抜けます。空気圧を測定するエアーゲージをお持ちの方はエアバルブに軽く当てるだけで「シューッ」と抜けます。

ドライバー等で押す場合には、キズを付けないように十分に注意しましょう。

空気圧を下げて保管するのがおすすめですが、タイヤを装着してしばらく使用してタイヤを外した場合、指定空気圧よりも下がっていることが予想されますので、面倒な方はそのまま保管しても大丈夫です。

ただし、次使用する際に空気を入れなくても良いようにと空気圧を高くして保管することは避けましょう。

タイヤのおすすめの保管場所は?

タイヤの保管場所に適している場所は、雨が当たらず直射日光が当たらない場所で物置の中が適しています。直射日光が当たると紫外線によりゴム質が劣化します。

どうしても、屋外に保管しなければならない時には、軒下など少しでも雨の影響を抑えられる場所に保管します。また、地面に直接置かずに、コンクリートブロックなどの上に置き、市販のタイヤカバーで覆うことをおすすめします。

物置やベランダ保管の際にも、床にベタ置きすると、タイヤの跡が残ってしまう恐れがあります。 タイヤを置く場所にすのこを置いて保管することで、通気性が保たれます。物置の場合には、直射日光が当たりませんが、ベランダは大抵南側のため直射日光が当たりますので、タイヤカバーで覆うことをおすすめします。

室内の保管は一番良いのですが、タイヤのゴム臭さが残ります。

タイヤの保管は縦置?横置?

タイヤを立てて保管すると、タイヤの重みで変形する恐れがあります。タイヤラックに保管する場合には、1点集中で力がかかることはないので問題ありません。物置やベランダなどに保管する場合には、横に積み重ねて保管することがおすすめです。

タイヤを積み重ねる場合には、出来るだけ段数を少なくすることが大切です。

一番下のタイヤに負担がかかるためです。2本づつならベストですが、場所が確保できない場合には、4本積み重ね、シーズン中頃に一度タイヤを積み直して一番下のタイヤにかかる負担を減らすことも大切です。

タイヤのビニール袋は?入れたままでいいの?

カー用品店やタイヤショップでタイヤ交換をお願いした場合には、取り外したタイヤを1本ずつビニール袋に入れてくれます。このビニール袋に入ったまま保管したい気持ちはありますが、おすすめ出来ません。

ビニールに入って入れば手を汚すことなく、保管する場所も汚すことはありません。

しかし、カー用品店やタイヤショップでタイヤを外した際に、タイヤを洗ったり乾燥させたりしていません。タイヤを持ち帰ったらタイヤをビニール袋から出して、水洗いした後、よく乾燥させましょう

乾燥させたタイヤを再びビニール袋に戻したいところですが、おすすめしません。ビニール袋は通気性が良くないためカビやにおいに原因になりますので、廃棄処分しましょう。

ホイールの付属品も一緒に保管しよう

ホイールがスチールホイールの場合には、ホイールキャップ、アルミホイールの場合でセンターキャップがあるタイプはそのセンターキャップ、ホイールナットがアルミホイールのタイプにより異なる場合には、取り外したホイールナットなど、保管するタイヤに関係するパーツ一式をまとめてタイヤと一緒の場所に保管しておきましょう。

そうすることで、次回タイヤ交換するときにわざわざ探さずに済みます。 純正のホイールキャップ装着車の場合には、ホイールキャップも水洗いして乾燥させて保管しましょう。輸入車の場合や、フロントに装着していたホイールキャップは、ブレーキダストで裏側はかなり汚れています

新車時からキレイに洗っておくことでキレイに保てますが、放置した汚れは簡単に落ちませんので、タイヤ交換の際に洗っておくことをおすすめします。

ホイールキャップの爪の部分についているバネの役目をする金属のリングは、融雪剤の成分があると錆び易くなりますので、しっかり洗います。錆びてしまうと硬くなり、ホイールキャップが外れにくくなったり外れやすくなったりします。

タイヤの保管が面倒な場合は保管サービスの利用も

「タイヤの保管場所が確保できない」「屋外の保管場所しか確保できない」などといった場合は、タイヤを預かってくれるタイヤ保管サービスの利用も検討しましょう。

メーカーディーラー販売店では、年間18,000円前後、ガソリンスタンドやカー用品店、タイヤ専門店では年間12,000円前後でタイヤを預かってくれます。実際の料金は、各地域、各ショップにより異なりますので、タイヤ保管サービス利用を検討しているショップに直接お問い合わせください。

タイヤ交換をお願いして、外したタイヤを持ち帰ることなく、そのまま保管してもらうことで、タイヤを運ぶ必要がなくなります。さらに、タイヤの保管場所は保管専用の倉庫に入れられるため、タイヤにとってベストなコンディションで保管可能です。

夏にスタッドレスへ交換してみる!?

スタッドレスタイヤのゴム質を柔らかく保つために、夏場にスタッドレスを短期間ですが使用するという方法があります。

そうすることでタイヤのゴムを動かし柔らかさをキープすることができるのですが、この方法を試みるとなると通常であれば年2回のタイヤ交換で済むところ、さらにもう2回タイヤ交換をしなくてはいけないので非常に面倒ではあります。

スタッドレスタイヤを長持ちさせたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

タイヤ交換も保管も不要!オールシーズンタイヤとは?

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤのタイヤ交換は年に2回必要です。タイヤ交換が不要でタイヤの保管も必要ないタイヤがオールシーズンタイヤと呼ばれるタイヤです。

ファルケン、グッドイヤー、ピレリ、ミシュランなどからオールシーズンタイヤが販売させています。

ファルケンのユーロウインターHS449の場合、高密度シリカと新ポリマーを配合したコンパウンドを採用し接地面のゴムだけを柔らかくしてタイヤの剛性を確保しています。低温時の発熱とゴムの剛性を向上させることでウエット性能とドライ路面での操縦安定性能を両立していることが特徴です。

冬用タイヤとしても使用が認められたマークも付いているため、高速道路でスベリ止め必要の規制が出た時でも使用可能です。 新雪路面や圧雪路面、シャーベット路面にはノーマルタイヤには無い安心感ある走行が期待できますが、ブラックアイスバーンや凍結路面には効果が薄くなります。また、夏場のドライ性能でもゴム質は柔らかいためノーマルタイヤに比べるとハンドリング性能は劣ります。

雪があまり降らない地域にお住まいの方々や、積雪も年に数回の地域にお住いの方におすすめで、タイヤ交換の手間や費用が無いのがメリットです。

オールシーズンタイヤを購入する際には冬になる前がおすすめです。

できるだけ新しい状態の時に冬を迎えると、降雪時によりよい効果を発揮することができます。オールシーズンタイヤは、あまり距離を多く走らず雪の無い時期もゆっくり丁寧に走行するユーザー向けのタイヤで、夏場にガンガン走ってしまうと擦り減ってしまいますので注意が必要です。

参考:ファルケンタイヤ「EUROWINTER HS449」

タイヤを自宅で保管するためのグッズを紹介

タイヤは消耗品ですが、あまり走行距離を走らない方ならノーマルタイヤなら5年以上、スタッドレスタイヤなら3年から5年使用可能です。

タイヤをそのまま4本重ねて保管することで一番下のタイヤに重さの負担がかかります。使用しないシーズン途中で上下入れ替えするのは面倒で、2本ずつ積み重ねて保管する場合には、横のスペースが余計必要になります。

タイヤを保管するスペースがある場合には、タイヤラックを使用して保管することで、タイヤへの負担を軽減させながら保管することができます。

タイヤラックを使用するメリット

タイヤラックを使用することで、タイヤを積み重ねた時に一番下のタイヤにかかる重量負担を軽減することができます

タイヤラックには、キャスター付きのタイヤラックもあり、タイヤを載せたまま移動させることが可能です。タイヤを交換する際にはクルマの側まで移動でき、外したタイヤをそのまま載せることができます。エレベーター付きのマンションにお住いの場合には、エレベーターでそのまま運ぶことができ負担軽減に役立ちます。

クルマを2台持っている場合には、タイヤは8本になります。タイヤラックには上下4本保管可能なタイヤラックもあり、少ないスペースでタイヤを保管することが可能です。

タイヤラックには、大抵の商品でタイヤを雨や紫外線から守るタイヤカバーが付属しており、タイヤの自然劣化を最小限に抑えることが可能です。

タイヤラックを使用するデメリット

タイヤラックは、コンパクトなタイヤラックでも下の段に2本、上の段に2本保管するためコンパクトなタイヤラックでも幅は約60cm必要です。4本並べて保管するタイヤラックなら1m以上の幅が必要になります。

キャスター付きのタイヤラックは移動に便利な反面、段差の大きい場所、途中に階段のある場所では、移動できなくなります。

マンションやアパートにお住まいで、タイヤラックを設置できる広さのベランダやバルコニーが無い場合にはタイヤラック自体置くことが出来ません。

おすすめのタイヤラックを紹介

ボンフォーム タイヤラック 台車タイプ

ラック長のサイズ調整が可能なため、タイヤサイズがSサイズからLサイズまで対応し、タイヤ幅は245mmのタイヤまで対応します。車を代替えしてタイヤサイズが変わってもそのままタイヤラックが使用できます。

ボンフォームのタイヤラックは、キャスター付きです。重量のあるタイヤも楽々運ぶことが可能で、タイヤ交換時にはクルマのすぐそばまでタイヤを載せて運ぶことが可能です。ただし、エレベーターや段差の多い場所には不向きですが、スペースに余裕がある方にとっては重宝します。

タイヤカバーも付属しますので、タイヤを紫外線や雨風から守ることもできます。

アイリスオーヤマ タイヤラック KTL-590C(カバー付)

樹脂製で工具を使用せず簡単に組み立てることが可能です。樹脂製のためサビの心配はありません。同じ製品で、カバー付とカバー無の製品がありますが、カバー付をおすすめします

タイヤサイズは、タイヤ幅235mm以下の軽自動車および普通車のタイヤを上下段2本ずつ収納可能です。車庫の隅や、ベランダに設置が可能で少ないスペースでタイヤを保管できます。また、軽自動車専用のさらにコンパクトな製品、およびRV車など大きなタイヤを保管するための大型なタイヤラックもラインナップされるのも特長です。

付属のカバーはタイヤラック全体を覆うタイプですので、タイヤサイズが変わってもそのまま使用可能です。屋外に保管する際にもカバーがあれば安心です。

アイリスオーヤマ 2段式タイヤラック8本収納(カバー付)

タイヤ幅245mm、直径740mmまでのタイヤに対応し、上下段各4本ずつ収納可能で、2台分のタイヤをまとめて保管することが可能です。

紫外線によるタイヤの劣化や雨、ほこり等による汚れ防止のためのカバーが付いています。また、キャスターが付いていますので平らな場所なら簡単に移動させることが可能です。2台分収納可能なタイヤラックで移動可能なキャスター付きで便利なタイヤラックが5千円を切る価格で販売されている点も魅力的です。

比較的広い車庫内や軒下への屋外設置、広めのバルコニーへの設置が可能な方におすすめです

ラック幅が120cmと広めの場所の確保が必要のため、アパートやマンションの方は設置スペースに注意が必要です。

タイヤ保管のカバーに関する基礎知識

タイヤラックを購入すればタイヤカバーが付属してくる商品が多くあります。

しかし、タイヤラックを置くスペースが無い、玄関の側や軒下、物置の中にタイヤを保管したい方はタイヤカバーのみを購入してタイヤを覆っておくだけで、タイヤを紫外線や、雨、雪から守ることができ、タイヤの劣化を最小限に抑えることが可能です。

タイヤカバーには、タイヤを4本重ねて4本まとめてカバーするタイプと、タイヤ1本ずつにカバーをするタイプがあります。

タイヤカバーを使用するメリット

タイヤカバーをすることで、タイヤを紫外線や雨、雪から守ることが可能で、タイヤの自然の劣化を抑制することができ、長くタイヤの性能を維持することが可能です。

タイヤカバーを使用の場合は、タイヤラックを設置できない狭いスペースにタイヤを保管可能です。屋外にタイヤを保管したい場合でも、カバーが雨や雪、汚れなどから守ってくれます。

タイヤカバーはタイヤラックを購入するよりも安価です。4本まとめてカバーするタイヤカバーの場合には2千円以下で購入できるタイヤカバーがほとんどです。また、1本ずつカバーするタイプのタイヤカバーでも4千円前後で購入可能です。

1本ずつカバーするタイプの場合、クルマに積んでタイヤを運ぶ際に、クルマの中に汚れを残すことなく運べます。

ただし、タイヤを全て覆うタイプは耐久性に優れていますが、タイヤの中心部分をカバーしないゴム部分だけのカバーの場合には、耐久性に欠ける製品もあるためよく検討することをおすすめします。

タイヤカバーを使用するデメリット

タイヤカバーは、現在使用しているタイヤサイズにフィットするように造られています。

車を買い替えてタイヤサイズが変わってしまった場合には、タイヤカバーも新しくしなければなりません。なお、タイヤサイズは異なっていても、外周サイズが同じならばカバーが使用できるかも知れません。ただし、タイヤの幅が異なればカバーの長さが足りなかったり長すぎたりします。

特に1本ずつカバーをするタイプは注意が必要です。

タイヤを保管する際にきれいに洗った後、しっかり乾燥させてからタイヤカバーをかけないと、カビや臭いの原因になります。また、一番下のタイヤが地面や床面にビッタッとくっついていると、地面に接している部分のタイヤやホイールの劣化、床面にタイヤの跡が残るなどのデメリットがあります。

1本ずつカバーするタイプのタイヤカバーはこれらの心配はありません。一番下の地面や床面と接する所にすのこを敷いてタイヤを保管すると通気性も確保されるためおすすめです。

タイヤカバーは、4本縦積みしてカバーをしますので、一番下のタイヤのに負担がかかります。タイヤへの重量負担を気にする場合には、1本ずつカバーするタイプのタイヤカバーを使用し、2本ずつ保管もしくは、シーズン途中で上下積み直しを行いましょう。

おすすめのタイヤカバーを紹介

アイリスオーヤマ タイヤカバー TE-700E(普通車用)

濡れや摩擦に強いポリエステル素材を使用し、紫外線や雨からタイヤを守ります。また伸び縮みや形くずれもなく耐久性に優れています。 裾がばたつかないよう、ワンタッチひも止め付いており、風の強い屋外に保管しても安心です。

タイヤサイズは、直径700mm、タイヤ4本積み重ねた高さは1,000mmまでのため、幅広い車種に対応可能です。なお、軽自動車サイズ用と大型のRV車用のサイズも用意され、製品価格も千円前後とお求めやすいのも特長です。

アラデン タイヤカバー 普通車用防炎タイヤカバー1台用(Mサイズ4枚入り)

丈夫で破れにくい布製で、(公)日本防炎協会認定生地使用防炎加工(自消性)屋外使用に安心です。タイヤ1本ずつを完全に覆うタイプで、タイヤを汚れから守ります。 なお、完全防水ではありませんので屋外放置での保管には不向きです

軽自動車用Sサイズや大型車・RV車用のLサイズも用意され、幅広い車種に対応するのも特長です。今回紹介した普通車サイズは、コンパクトカーのタイヤサイズから245/40R18など幅が245mmのタイヤサイズまで対応しますので、普通車用サイズを購入すれば幅広い車種で使用可能です

ボンフォーム タイヤバッグ(L用2枚セット)

タイヤ1本ずつカバー収納することができ、取っ手も付いていますので持ち運びが楽になります。

きれいに洗ったタイヤでも汚れが残っていることがあり、クルマに積んで移動する際にも安心です。4本まとめてカバーするタイヤカバーと比べカバーをつけたままタイヤを移動させることが出来るのが最大の特徴です

サイズは、S、M、L、LLサイズの4種類があり、タイヤの大きさに応じてタイヤバックを選ぶことが可能です。

紹介したLサイズは2000cc以上の大型乗用車、小型RV車のタイヤが目安でタイヤ幅は245mmです。販売は2枚セットのためタイヤ2本分です。1台分のタイヤバッグをお求めの場合には2つ購入する必要があります。持ち運びが楽な反面、価格は少々高価になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ベビー用品、ランドセル、食品、車、インフラ関連、様々なジャンルのお店、冠婚葬祭、アプリなどの暮らしに特化した様々な専門知識を持ち合わせた編集部です。暮らしるべでは暮らし全般の記事を執筆しており「暮らしの中の知りたいに答える」をテーマにわかりやすい記事をご提供できるように心がけています。

目次