MENU

タイヤチェーン規制(義務化) スタッドレスだけじゃダメ!違反は?罰則は?国土交通省が一部改正

タイヤチェーン規制(義務化) スタッドレスだけじゃダメ!違反は?罰則は?国土交通省が一部改正

「チェーン規制」や「スベリ止め必要」の規制が発令された道路では、ノーマルタイヤでの走行は出来ませんが、スタッドレスタイヤなど冬用タイヤを装着している車両は、チェーンを装着しなくても走行可能です。

高速道路で雪の為ため「50キロ規制」「チェーン規制」が発令されいる場合、これからも通常の場合は、スタッドレスタイヤなど冬用タイヤを装着していれば走行可能です。

今回の新しいチェーン規制は、豪雪エリアを対象にした規制で、平成30年度は、全国一般道6区間、全国高速道路7区間をチェーン規制調整箇所としてピックアップして実施するものです。対象区間でのチェーン規制時には、スタッドレスタイヤ装着車でもチェーンを装着しなければ走行できません。

今回は、新しいチェーン規制の内容と対象区間、規制の背景について、さらに簡単に装着できるチェーンなど詳しく紹介します。

目次

2018年2月北陸・福井の大雪被害

今回のチェーン規制のきっかけになったと考えてもよい雪害が、2018年2月福井県内で発生した大雪が原因で3日間に渡る立ち往生があげられます。一酸化炭素中毒による死者も出るなど、約350台もの車が長時間に渡り立ち往生しました。

大型車で後輪2軸で1軸しか駆動しないトラック(引きずり)や、トレーラーヘッドの後輪で駆動するセミトレーラー車は、スタッドレスタイヤを装着していても動けなくなる可能性が高くなります。

1台が動けなくなると後続車が追い越すことも出来ず動けなくなります。また、追い越すことが出来ても、後続車もスリップして動けなくなる場合もあります。次々と車が動けなくなったところに雪がどんどん積りさらに状況が悪化し身動きが取れなくなります。

エンジンをかけたままマフラーが雪に埋まりふさがることで排気ガスが車内に流入し一酸化炭素中毒になり死に至るケースも少なくありません

大雪の際には、全国各地で、立ち往生時間の長さを問わなければ多くの路線でスリップによる立ち往生が発生しています。スリップによる立ち往生の発生の低減と除雪のための通行止時間の短縮を実現するために今回のチェーン規制が決められました。

参考:朝日新聞デジタル「北陸・福井の大雪被害」

大型車なぜチェーン早めの装着が必要なの?

自分は大丈夫と思っているドライバーが多いこと、大型車のチェーンは重くて面倒であること、トラック運転歴が浅いなどの理由でチェーンの装着方法がわからないことなどが要因です。

タイヤチェーン義務化・規制はどこで実施されるの?

過去に雪による立ち往生や通行止めが発生した場所の中で、タイヤチェーンを脱着できる場所や通行止めを行った際に、解除されるまで待つ場所がある区間で実施します。

主に、急な上り下りがある峠道での実施になります。チェーン規制実施時には、規制区間手前でタイヤチェーンの装着状況確認を行うことで、チェーン未装着車の流入を防止します。

引用元:国土交通省「チェーン規制について」

タイヤチェーン規制による違反と罰則は?

今回、チェーン規制の対象外の路線において、チェーン規制が発令された際、全輪スタッドレスタイヤ装着、駆動輪にチェーン装着していない場合には、違反点数はありませんが、普通車の場合6千円の反則金が科せられます

都道府県条例により決められております。雪道をノーマルタイヤで走行した場合と同様の違反となります。 違反にならないタイヤの例として、写真(筆者撮影)のように「M+S」マッド+スノーの表記、および山と雪のマークが付いているタイヤです

国産タイヤ、輸入タイヤも共通で、スタッドレスタイヤはもちろん、オールシーズンタイヤにもこのマークは付いています。しかし、本格的な雪道でのオールシーズンタイヤは危険ですので、タイヤチェーンを装着しましょう。

今回実施(予定)されているチェーン規制については、対象区間に入る前にチェーン装着状態がチェックされます。スタッドレスタイヤを装着している場合には、通してもらえないだけで違反や反則金はありません。

スタッドレスタイヤを装着していない場合には、雪道をノーマルタイヤで走行した場合と同様の違反になる可能性があります。

平成30年度チェーン規制調整箇所・区間の一覧

引用元:国土交通省「チェーン規制について」

一般道

実施県名箇所名区間規制距離
山形県月山道路西川町志津~鶴岡市上名川27km
山梨県・静岡県山中湖・須走山梨県山中湖村平野~
静岡県小山町須走字御登口
9km
新潟県大須戸~上大鳥村上市大須戸~村上市上大鳥16km
福井県石川県境~坂井市あわら市熊坂~あわら市笹岡4km
広島県・島根県赤名峠広島県三次市布野町上布野~
島根県飯南町上赤名
12km
愛媛県鳥坂峠西予市宇和町~大洲市松尾7km

高速道

実施県名箇所名区間規制距離
新潟県・長野県上信越道信濃町IC~新井PA25km
山梨県中央道須玉IC~長坂IC9km
長野県中央道飯田山本IC~園原IC10km
石川県・福井県北陸道丸岡IC~加賀IC18km
福井県・滋賀県北陸道木之本IC~今庄IC45km
岡山県・鳥取県米子道湯原IC~江府IC34km
広島県・島根県浜田道大朝IC~旭IC27km
参考:国土交通省「チェーン規制について」

なぜスタッドレスタイヤでもチェーン装着が必要なの?

スタッドレスの性能は年々進化し続け、ノーマルタイヤにチェーン装着した状態より、圧雪路面や濡れた路面、乾燥路面での走行性能に優れています。

チェーン装着状態で出せる速度は40km/hから出しても50km/h。それ以上速度を出すと切れる可能性があります。積雪が無い場面では、アスファルト路面と金属の摩擦により、すべてがゴムで接しているスタッドレスタイヤよりブレーキの効きも悪くなる傾向にあります。

今回の新しい規制でのチェーン装着義務化対象区間は、大雪での道路交通の確保、大規模な立ち往生の防止です。つまり、この規制が発令されたときは、深い雪道になり雪をどんどんかきわけて走行しなければならない状態にあります。

スタッドレスタイヤのみの場合、タイヤの溝だけでは雪がかけなくなり、タイヤが空転、さらにホイールハウスに雪が溜まってしまい最悪身動きが取れなくなる可能性があります。 タイヤチェーンを装着することで、雪をかき分ける能力が高まり、走行不能になるリスクを低減できます。特に大型車の場合はチェーンの効果は絶大です。

4WD車でもタイヤチェーンの装着が必要

チェーン装着義務化対象区間でチェーン装着規制時には、雪道に強い4WD車でもタイヤチェーンは必要です。4WD車の場合4輪で駆動するため、2WD車と比較すると圧倒的な走行性能を誇りますが、ブレーキは2WD車でも4輪に付いていますので4WD車でも止まれなくなる可能性は十分にあります。

また、4WD車は車両重量が重くなりがちですので、重い分止まれなくなる可能性は高いのです。

峠道は登り坂のみでなく下り坂もあります。下り坂での横滑りやスリップ防止のため、4WD車もチェーン装着の対象になります。

4WD車のチェーン装着タイヤは、アクアやセレナ、ノア、カムリなど前輪駆動ベースの車なら前輪に、クラウン、ランドクルーザー、パジェロなど後輪駆動ベースの車なら後輪に装着することをおすすめします。滑った時に4WDになるタイプのスタンバイ方式の車は必ずベースとなっている駆動輪に装着しましょう

センターデフ方式の常時4WDタイプの車の場合、後輪に装着することをおすすめしますが、どちらに装着しても大丈夫です。

規制で装着が認められているチェーンの種類は?

装着するチェーンは、金属製チェーンでも非金属のゴム製チェーン、布製カバータイプでも認められ、特に指定は無く、滑り止めのためのタイヤチェーンであればチェーン規制中その区間を走行可能です。ただし、スプレータイプなどタイヤにふりかけるだけの滑り止め材の使用のみでは走行は認められていませんので注意が必要です

道路運送車両の保安基準(走行装置等)第9条第4項「タイヤ・チェーン等は走行装置に確実に取り付けることができ、かつ、安全な運行を確保することができるものでなければならない」を基準とし、ふりかけたり、スプレーするタイプは「走行装置に確実に取り付ける」に該当しないと考えられます。

おすすめのタイヤチェーンは「金属チェーン」

完全に装着していない状態でイメージです 凍結路面や深い雪道を走行する際には、金属チェーンがおすすめです。購入価格がゴム製タイヤチェーンよりも安価で効きが良いため緊急時や大雪のためのチェーン規制時におすすめです。

金属製でも、ハシゴ型のチェーンと斜めや縦にチェーンが張り巡らされる亀甲型のチェーンがあります。乗用車におすすめは、乗り心地と横滑り防止に効果が高い亀甲型チェーンです。大型車は、重量がありますので、ハシゴ型で十分な効果が得られます。

ジャッキアップ不要のチェーンを用意しよう

人気のタイヤチェーンは車体をジャッキアップせずにチェーンを装着できるタイヤチェーンです。

チェーンを敷いてタイヤを転がして装着しなくても装着可能です。タイヤの頂点部分で内側のフックをひっかけてチェーンを被せてタイヤの下部分で外側のフックを引っ掛け固定し、ゴムフック等をチェーンサイドに引っ掛けてチェーンを張って緩みを防止させるだけの簡単な方法でタイヤチェーンが装着できます。

チェーンの価格は、ミディアムクラスのセダン、ミニバンクラスのタイヤで5,000円前後で購入可能です。

参考:コムテック「タイヤチェーン」

タイヤチェーンを購入したら練習してみよう

タイヤチェーンを購入して車に積んでいるだけでは、いざチェーンを装着する際に、どのようにしたらよいかわかりません。一度、タイヤに装着してみることをおすすめします。

実際にタイヤチェーンを装着する場面は、雪が降り続き、タイヤには雪が付き、タイヤハウスには雪が張り付いている状態です。チェーン装着を試しておくことで、実際に装着する際に不安なく装着が可能です。

各メーカーから発売されてる商品により若干装着方法はことなるかもしれませんが、こちらの動画が参考になるかと思われます。

また、ローダウンなど車高を落としている車は注意が必要です。

チェーン装着時、ホイールハウスとの距離が3cm以上無い場合はチェーンがぶつかる可能性があり危険です。また、チェーンにより装着可能車種などある場合があります。よく確認のうえ装着し、チェーンが自分のクルマに適合しているかどうか確認することが大切です。

早めにチェーンを装着しよう

今回チェーン規制の対象でなくても、大雪が降り走行が困難になりそうなときには、平地で安全にタイヤチェーンを装着できる場所で早めにチェーンを装着しましょう。無理して走行して立ち往生してしまってからでは、チェーン装着が難しい状況になる可能性があり、後続車にも多大な迷惑をかけることになります。

チェーン装着時の走行上の注意点

  • 最高速度は30km/h以下で走行し、直線でも50km/hを超えないように注意
  • 急発進、急ブレーキ、急旋回など急の付く操作はしないこと
  • 空回りしても高速回転させないこと
  • 縁石などにタイヤチェーンをこすらないこと
  • 走行が不安定になったり、異音がした際には速やかに安全な場所に停車して状態を確認すること
  • 異常があった場合には外すこと
  • 雪の無い路面ではそうこうしないこと、トンネルの走行は要注意のこと

早めにチェーンを外そう

チェーンを装着して走行し、雪が路面から無くなってきたと感じたらタイヤチェーンは早めに外しましょう。

いつまでも装着したままの場合、チェーンが切れてしまいボディに穴をあけてしまう可能性があります。切れたチェーンがボディを叩くためです。チェーン規制区間では、チェーン規制区間に入る前に装着し、規制区間を出たら外すのが理想のチェーン着脱タイミングです

平成30年度チェーン規制調整箇所では、必ず、チェーンを着脱する場所が確保されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ベビー用品、ランドセル、食品、車、インフラ関連、様々なジャンルのお店、冠婚葬祭、アプリなどの暮らしに特化した様々な専門知識を持ち合わせた編集部です。暮らしるべでは暮らし全般の記事を執筆しており「暮らしの中の知りたいに答える」をテーマにわかりやすい記事をご提供できるように心がけています。

目次